薄毛の症状を克服し発毛は病院の外来治療が効果的

男性の中には薄毛に悩んでいる人が数多く存在します。これらを運命的なもの、遺伝的なものでどうしようもないこととして諦めてしまう人も多いようですが、しかし薄毛は病院外来で治療することで克服することも大いに可能です。まずはしっかりと原因を特定する上でも外来を受診してみると良いでしょう。

発毛のための外来治療ではまず、医師の触診や問診などによってその薄毛の原因を探ります。専門的な医療機関であると精密検査を通じて探ることも可能です。その中で代表的な症状としてはまず頭皮の毛穴などに皮脂やフケやゴミなどが詰まって頭髪の成長を妨げているというパターン。この時には専用の機器を使って綺麗に洗浄することで克服することができます。また、ストレスや疲労、食生活、睡眠不足などの生活習慣による薄毛であれば、それらをしっかりと生活指導することで発毛が得られる場合もあります。

さらにAGAが原因の場合には飲み薬や塗り薬と言った発毛剤の投与で克服することができます。飲み薬は男性ホルモンと頭皮の酵素が反応して頭髪の成長を妨げるDHTという物質が分泌されるのを抑えてヘアサイクルを正常化へと導きます。さらに塗り薬はミノキシジルなどの成分を配合し、頭皮の毛細血管を拡張させることで毛乳頭にしっかりと栄養分が補充されるようになります。

外来治療ではその他にも、発毛のために必要な成長因子や栄養分などがカクテル状に配合された液体を頭皮に直接注射するなどの処置によって発毛効果を得ることが可能です。これらはいずれも費用や効果、さらには副作用のリスクなども関わってきますので、まずは医師による説明やカウンセリングをしっかりと聞いた上で決断することが大切です。また治療中にもしも異常が見られれば、すぐに医師に相談することが求められるでしょう。