発毛剤を使ったら全身の毛が濃くなった

毛髪の成長のために発毛剤を使ったら、なぜか全身の毛が濃くなったという、思いがけないハプニングにあるケースもあります。
AGAというのは進行形の脱毛症であるために、毛髪が一旦抜けてしまうと、自然治癒を期待しても治る希望はありません。
ですから、前向きな対策で発毛剤を使用するのは、極めて良いことと言えるでしょう。
最近抜け毛が増えてきたとか、抜け毛に歯止めがかからずに薄毛が目立ってきたとか、早く薄毛を治したいといった悩みから、対策をとる人は多く見られます。
ミノキシジルタブレットはミノタブとも呼ばれていますが、血圧降下剤としてミノキシジルは使用されていて、発毛にも効果があるとわかったものです。まさに毛髪にとっての副産物とも言えます。
薄毛の原因は頭皮に、充分が血液が行き届かないためだとも言われています。
栄養素を運ぶために血液は飛脚みたいな役割もあって活躍しますが、頭皮における毛細血管の収縮により、血液が本来行き渡るはずの栄養が、すみずみまで届かないことがあり、そうなると毛根の細胞も弱くなるのです。
そうなれば、毛髪も育つ力が弱まり、薄毛へとまっしぐらになります。
しかし発毛剤の利用によって血管は広くなって、頭皮における毛母細胞は活性化して細胞分裂も勢いよくなり、発毛促進にもつながります。
そんなこころ強い成分であっても、思わぬ副作用もあります。それは多毛症です。
経口薬は頭皮に直接的に作用するものではありませんが、血管拡張の作用がありますから、体全体の血管は押し広げられることになります。
そうなれば体全体の体毛が濃くなるといった、驚きの副作用を引き起こすことにもなるのです。
体毛が濃くなることで悩むならば、利用する医薬品を変えてみるなど工夫をすることです。